リレンザの画像 こういうときにはリレンザが効く

こういうときにはリレンザが効く

リレンザは吸入するタイプなので、喉や肺などの気管のピンポイントに効く薬となっております。インフルエンザにおいてそのような部分だけを直すのであれば、リレンザが便利です。

リレンザで予防が出来る?

リレンザはインフルエンザに感染した際に処方される抗インフルエンザ薬の一つです。この抗インフルエンザ薬は予防薬としても使用されることがあり、日本ではリレンザの他に、タミフルやイナビルが許可されています。
リレンザを予防薬として使用する場合、医療機関で認められているのは家族がインフルエンザに感染していて、なおかつ65歳以上の方、糖尿病などの代謝性疾患の方、慢性呼吸器や、腎機能障害がある方となっています。もし、受験など重要なことが控えている場合は医師に相談することで処方されることもあります。
予防に用いる場合、リレンザの使用方法はインフルエンザに感染した時と同じです。違う部分は1日の回数と期間です。
通常の場合、1日2回、5日間使用しますが、予防として使用する場合は1日1回、10日間吸入します。インフルエンザに感染した人と接触してから1日半以内に吸入を開始しないと予防としての効果はなくなってしまいます。予防効果があるのは、リレンザを連続して吸入している10日間のみとなっているので、日常の予防としては効果はありません。
予防薬として使用する場合、保険の適用とはならないので、全額自己負担になります。また、リレンザは副作用が比較的少ない薬ではありますが、気管支が弱かったり、呼吸器に疾患がある場合はひどくなることがあります。喘息の人で、喘息用の吸入薬を使用している場合は喘息の薬を使用してからリレンザを使用するようにしましょう。事前に喘息があることや気管支が弱いことを医師に伝えておくとより安心です。
副作用としては、じんましんや浮腫み、下痢、口内炎、喉の違和感、頭痛などがあります。安全とはいえ副作用はあるので使用期間などを守るようにしましょう。