リレンザの画像 こういうときにはリレンザが効く

こういうときにはリレンザが効く

リレンザは吸入するタイプなので、喉や肺などの気管のピンポイントに効く薬となっております。インフルエンザにおいてそのような部分だけを直すのであれば、リレンザが便利です。

吸入タイプのリレンザ

インフルエンザウイルスの感染によって起きる諸症状の緩和と感染症の予防に対して効果を発揮する薬の一つである「リレンザ」の最大の特徴は、なんといっても吸入タイプの医薬品であることです。
吸入タイプの医薬品はリレンザの他にも、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患の患者に用いられる製品がよく知られています。このタイプの医薬品は、購入時に付属されてくる専用の吸入器を用いて薬剤を体内に取り込みます。スムーズに薬剤を投与できるようになるには吸入器の操作に慣れる必要がありますが、錠剤タイプやカプセルタイプの医薬品より薬の有効成分が吸収されるのが早く、患部に到達するスピードがはやいため、薬の効果が早くあらわれるのがメリットです。インフルエンザに限って述べると、日本で処方されるインフルエンザの治療薬にはこの他にもカプセルタイプの治療薬とシロップタイプの治療薬がありますが、これらを選択せずにリレンザを選択する医師が少なくありません。
リレンザは、吸入器と薬剤の入ったディスク複数枚で1セットの製品となっています。ディスクにはブリスターと呼ばれる凸部分が4箇所あり、それぞれに有効成分であるザナミビルが封入されています。1回の吸入でブリスターは2つ使用し、1日でディスク1枚を消費する仕組みになっています。
実際に吸入する際には、まずブリスターが凹んでいる部分にはまるようにディスクを吸入器にセットし、吸入器本体の白い部分を垂直に立ててブリスターに穴を開けます。あとは本体を元に戻し、吸入器を水平に持ち、吸入口から薬剤を体内に取り込んで2~3秒程度息を止めて安静にするだけです。吸入は1回で十分ですが、ちゃんと薬剤が吸入されたかどうか心配なのであれば、2~3回程度吸入を繰り返すと良いでしょう。